レーシック

レーシックIMG

レーシックを受けることでのデメリット

最近ではレーシック手術を受ける人が多くなってきましたが、その理由はもちろん自分の裸眼の視力を元の良かった状態に戻したいからです。
その中にはメガネやコンタクトレンズなどを付ける手間を省きたいという方も中にはおられます。
ところで、この手術についてインターネットで調べてみると手術体験者がそのメリットについて改定ますが、実は恐ろしいことになりかねないデメリットhttp://www.littlefishmovie.com/safety.htmlもあります。
そのため、手術を受けようと思っている方はきちんと知っておく必要があります。
レーシックで起こりうるトラブルについてはhttp://xn--kpuo06fw1aj2o.net/trouble.htmlにもかいてあります。
通常。レーシックの手術では特殊なレーザー光線を使って手術をします。
もちろん、安全性に配慮された医療用レーザーですが、どのようなものであってもリスクは存在します。
この手術で失敗したからといってすぐに失明するわけではありませんが、合併症や専門医などによる治療が必要となってくる場合があります。
そのため、手術をうける際には良い点と悪い点のその両方について少し調べておくことも大切なことの一つです。
こちらにレーシックのメリット・デメリットが載っています。
次にそれらのデメリットについて詳しく説明しますと、手術後しばらくは目が乾燥した状態になることがあります。
これはレーザーで神経を切断してしまうので、角膜の感覚が非常に鈍くなり、目が乾きやすくなったり涙腺から涙が余りでなくなるというようなこともあります。
しかし、神経が切れてしまってもこの手術によって失明する心配はありませんのでご安心下さい。
また、ドライアイで生活をするにも支障が出るという方は必ず眼科医の指示を必ず仰ぐようにして下さい。
次に老眼の抑制は不可能であるということです。
確かにレーシック手術は近視などの目の屈折異常を修復するものではありますが、老眼はだれでも年齢とともに進行するものです。
この手術によって改善されたと思っても、老眼が進めば老眼鏡などを必要とせざるを得ない状況も出てきます。
むしろ、この手術によって、老眼が更に早く進むことが確認されているので、最近霞んだり見えにくくなってきた場合は老眼鏡の購入などを検討しなければなりません。
そして、手術後の副作用ですが、突然暗い部屋や屋外などに入ったり、もしくは逆に明るい場所に出てきた場合に感度が鈍くなったり、視力が一時的に低下するなど様々なことが起こります。
その他に、手術を受けたあとに目の不調や変化などに気づいた場合は早めに医療機関での受診をお勧めいたします。
他の病気が隠れている可能性はないとは言い切れないためです。 レーシックの成功率についての記事も是非ご覧ください。
レーシックで医療保険の使用につきましては事前に調べておきましょう。