レーシック

レーシックIMG

レーシックでコンタクトレンズ生活から裸眼生活へ

私は中学1年生でメガネを使い始めて、高校生になってからは主にコンタクトレンズを使用していました。
レーシック手術直前に検査をした時の視力は両眼で0.1なかったので、かなりの近視だったと言えると思います。
社会人になってから芸能人http://www.software2have.com/entertainerlasik.html等の方も施術されていることも有名と知り、レーシックに興味を持ち、25歳の頃に一度真剣に検討したのですが、金銭的な問題と、なにより手術のリスクに尻込みして断念しました。
レーッシクは成功率が高い手術として有名ですが、それなりのリスクを負うケースもあります。
どのようなリスクがあるのかは、http://xn--pckp0b6k2c7056bnwyc.biz/17.htmlを参考にしてください。
それから10年が経ち35歳になった時に手術を受けました。
10前に断念したわたしの考えを改めさせたのは東日本大震災です。
『震災にあったときにコンタクトレンズやメガネが手元にあるとは限らない』という恐怖に背中を押されて手術を受けるの決心をしたのです。
手術は事前に3時間以上に及ぶ検査を受け、手術が可能かどうかをチェックします。
そして手術が可能と判断されてから手術の予約を取り、後日手術を受けました。
また、レーシック手術対象外http://nudeplus.jp/5.htmlの方もいるそうですが、自分は対象だったので良かったです。 手術自体は10分程度で終わります。
点眼麻酔のおかげで痛みは一切ありませんでしたが、耳は聞こえているし、目が開かれていて焦点は合わないけれど見えていますので恐怖感はありました。
術後休憩室で30分ほど目を閉じた状態で休みます。
その後検査をして問題がなければ帰宅するのですが。その頃には麻酔が切れ始めているので痛かったです。
ハードレンズを着用している時に砂埃がたくさん目に入ってしまった時のような痛みでした。
術後は目を閉じて安静にすることが賢明なのでそのまま就寝し、翌日検査を受けに行きました。
その時点で両眼ともに1.2まで視力が回復していました。
完全にクリアな視界ではありませんでしたが、痛みも治まっていたので一安心したことを覚えています。
効果的なレーシックですが、デメリットはあるのでしょうか。 詳しくはhttp://www.salmonfestival.net/3.html
1週間後の検査では両眼ともに2.0で、視界も完全にクリアになっていました。
今まで0.7程度までしか矯正していなかったわたしにとって2.0の世界は別世界です。
手術後のケアの重要性はhttp://diplomaxkyoto.jp/4.htmlに詳しくかいてあります。
今まで見えなかったから見ていなかった景色を見るようになり、夜になると星の多さに驚き、とても快適に過ごしています。
クリニック選びのポイントhttp://www.nextdayair-themovie.com/7.html
もしっかりおさえた事も良かったのかもしれませんね。 私が受けた手術のコースは最新の機械を使うものだったので35年保証でした。
つまりその間に視力が低下するようなことがあった場合、また手術が受けられるのです。
また、手術後できないことhttp://www.order-cigarettes-online.com/afterno.htmlをしっかり調べて守りましょう。 今は機械が進歩していて複数回の手術が可能になったようです。
より新しい機械を使うと、その分料金は高くなりますが、私が今まで使用してい1DAYタイプのレンズの35年分を考えると決して高くありません。むしろ安いくらいです。
現在レーシック手術から2年近くが経ちましたが、メガネの汚れや・曇り、コンタクトレンズの着脱の面倒と異物が入った時の痛みからも解放され、両眼ともに2.0の視力でとても快適に過ごしています。 また、レーシックの後遺症はあるのでしょうか。詳しくはhttp://www.sppd.org/4.htmlをご覧になってください。