レーシック

レーシックIMG

レーシック手術をするとお風呂でも快適

私は、大学を卒業してから就職するまでの休暇を利用して、レーシック手術を受けました。
私はもともと目が悪かったので、小学校低学年の頃に学校健診で眼科の紙をもらって以来、小学生の間はメガネをかけていました。
なぜか小学生の頃はメガネに憧れがあって、クラスメイトでメガネをかけている子が羨ましくて仕方ない時期があったので、最初に自分がメガネが必要な状況になってメガネを買いに行くときには、ワクワクして嬉しかったのを覚えています。
しかし、メガネに憧れていた期間も短いもので、中学生になって思春期の頃になると、自分の見た目に対してすごく気にするようになり、メガネをかけている自分の姿がなんだか急に野暮ったく感じられるようになって、嫌で仕方がなくなりました。
そこで、中学生になってからはコンタクトレンズにしました。
最初は、酸素透過性のことを考えて、コンタクトレンズはハードレンズをつけていました。
しかし、目にゴミが入った時の痛みや異物感が、ハードコンタクトレンズの時にはソフトコンタクトレンズの時よりも激しく感じられることや、私は花粉症があり2月から5月頃までは目が非常に痒くなって、目やにが頻繁に出るので、コンタクトレンズにも目やにがこびりついていることが多く、衛生面で考えると使い捨てのレンズの方が良いので、途中からソフトコンタクトレンズの使い捨てタイプのものに変えました。
コンタクトレンズをしていると遠くまでよく見えますし、装着していても傍から見ると裸眼と同じ状態なので、オシャレを楽しむこともできて、私は非常に快適にコンタクトレンズライフを送っていました。
しかし、コンタクトレンズには弱点があって、お風呂だったりプールや海の中など、水中で装着したままにしておくと、外れてしまって無くしてしまうことがあります。
しかし、水中でコンタクトレンズをしないでいると、私はかなり視力が悪いので、皆目見えません。
そのため、なんとかしたいと思っていたのですが、そんな時に雑誌やテレビの特集やインターネットの口コミhttp://www.thedividethemovie.com/experience.htmlなどで、レーシック手術に関するものがやっていて、手術は日帰りが可能で入院も必要なく、その日だけサングラスのようなものをして過ごせば、翌日からは普通に過ごすことが出来て視力も回復して、近視や乱視や遠視も改善されるというので、思いきって受けることにしました。
詳しいレーシック手術の全容に関しては、http://tcbyct.com/2.htmlをご覧になるとよいでしょう。
レーシック手術を受けてからは、本当によく見えるようになって、遠くまで鮮明に見えます。
また、お風呂やプールや海でも、快適に過ごせます。http://xn--pckp0b6k2cz34u978ecuza.com/2.html

手術のおかげで変わったことはhttp://xn--pckp0b6k2cv102a90r.biz/lasik10.htmlにも載っています。

このように手術に成功し快適に過ごせている方が多いレーシック手術、成功率も高いのですが、失敗するケースもあるようです。
目に関わることなので、万が一失敗したらその後の人生を大きく左右してしまいますよね。
そんなことにならないためには、慎重な病院選びが大切だと思います。
良い病院の条件がhttp://www.daremoshiranai.com/hospital.htmlに載っています。
これがすべて正しいとは言えないと思いますが、参考にはなるでしょう。
また、ランキング3位までのクリニックが紹介されているサイトhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.com/rank.htmlもあります。
つい、金額だけで比較してしまいがちですが今後のことも考えた上で選ぶようにしましょう。