レーシック

レーシックIMG

レーシックの後はお酒の席のたばこの煙が辛い

レーシックで視力矯正をしてから、早5年くらいの月日が流れました。この間、いままで視力にほとんど変化はなく快適に暮らしています。
受けようと決めた理由は、ずっとソフトのコンタクトレンズレンズを使用していましたがそのソフトコンタクトレンズがドライアイのため使用できなくなり、眼科医師からハードコンタクトの使用を進められたことでした。
ハードコンタクトレンズを試してみたものの目が痛く、なかなか目になじむことができなかったです。
そこでずっと眼鏡をつけて生活するのか、我慢して痛いハードコンタクトレンズを使用するのかで悩んでいたのですが思い切って手術を受けることにしました。
レーシック手術というのは、http://www.aerconditionatieftin.com/zyutushiki4.htmlにレーシック、イントラレーシック、エピレーシック、フェイキックI O Lという4種類があるとかいてありました。
手術の主な流れはhttp://xn--z-4euxa2cxmpd.com/06.htmlにかいてありますのでご覧いただきたいのですが、
わりとは簡単ですぐ終了したのですが、事前の検査はにはかなり時間を要して仕事を休まないといけないくらいだったので大変でした。
施術時間についてはhttp://www.tri-starelectronics.com/jikan.htmlをご覧ください。
」また、手術後は数日痛みと違和感があったため仕事を休まないといかなかったので、ゴールデンウィークの連休を利用して行いました。
2から3日後にはまったく問題なく日常生活を送ることができました。
私が受けた5年前は手術後の痛みのケアなど、ほとんどありませんでしたが、今ではその痛みのケアも手厚く行われているようで日々技術は進歩しているのだと実感しています。
術後に出る症状の多くはドライケアだとhttp://www.cpu-collector.com/dori.htmlにかいてありました。
これは術後のアフターケアがしっかりした所だと目薬なのでよくなっていくそうです。
またhttp://xanarama.net/treat.htmlにも書いてあるように、価格的にも5年前に比べてかなり安くなっている印象もあります。
手術後に特に不便を感じたことも違和感を感じたこともないのでお勧めです。
なによりも、手術後に初めて裸眼で見た景色はコンタクトレンズや眼鏡を通してみたものとは全く違く世界で、とても美しい世界に涙がでるほど感動したのを覚えています。
人生であんなに感動したのは、数えるほどしかないほどその見え方の美しさに感動しました。
今でも天気のいい日の光景にはああ美しいなと実感します。
コンタクトレンズや眼鏡のまま生活していたら、この身近にある光や世界の美しさに気づかなかったままだと思います。
ただひとつレーシックを受けたことにより、困っていることそれはたばこの煙が手術を受ける前と比べてかなり目にしみるということです。
私自身はたばこを吸わないのですが、お酒が好きなのでお酒の席によく出席します。
で、お酒の席というと必ずと言っていいほどたばこがセットになるのでその際は目がシバシバして涙が出てきます。
そこが唯一困る点です。
でもたくさん飲んで帰ってきても、面倒なコンタクトレンズを外したり手入れしたりなどの作業はなくそのまま寝られるのはとてもありがたいです。

また、レーシック手術にはリスクはあるのでしょうか。
詳しくはhttp://www.zarzarland.net/syu.htmlをご覧になるのが良いかと思います。
l