レーシック

レーシックIMG

レーシックで快適な生活を手に入れる

私は小学生のころから目が悪く、常にコンタクトレンズか眼鏡が手放せない生活を送っていました。
大学を卒業し就職してからは、仕事柄主にパソコンでの作業が多く、長時間のパソコン作業にひどいドライアイにもなってしまいました。
常に目薬が手放せず目の疲れに悩まされていました。
そんな時に同僚がレーシックの手術を受け視力を回復したことを聞き、私も早速眼科へ行ってみることにしたのです。
レーシックで視力が回復する仕組みはhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.tv/に詳しくかいてありますのでご覧ください。
眼科では手術の説明や、手術を受けるためにはまず手術を受けることのできる目の状態であるかをチェックする、目の検査をパスしなければならないことなどの説明を聞きました。
レーシックについて詳しい解説はhttp://xn--pckp0b6k2c.cc/に載っています。
検査の予約をしてその日は帰宅し、後日検査をしてもらうことにしました。
その時の私は視力が回復したらどんなに快適な毎日が贈れるだろうと希望でいっぱいでした。
目の検査は無事にパスし、いよいよレーシックの手術を受けることができるようになりました。
手術は短時間で終了し、その日のうちに家に帰ろることもできました。
手術から1週間がたつ頃には視力が回復したことがはっきりと実感でき、子供のころにしか味わえなかった久々の感覚に感動と嬉しさで胸がいっぱいになりました。
今まではコンタクトレンズや眼鏡が手放せず、何をするにもとても不自由な生活を送ってきたのですが、眼鏡やコンタクトレンズがなくても字がはっきりと読め、風景がぼやけずに綺麗にはっきりと見えるのです。
月や星も1つ1つがくっきりと見え、自分の目でまたこんなに綺麗に見ることができることに感動しました。
わずらわしかったコンタクトレンズのケアなども一切必要なくなり、今ではとても快適に生活しています。
またとても悩んでいたドライアイも、コンタクトレンズや眼鏡を使わない生活になってからはすっかりよくなりました。
今では自分が以前に目が悪かったことを忘れてしまうくらい、快適な毎日を送ることができています。
こんなにも簡単に視力を回復させることができるのであれば、もっと早くに手術を受けておきたかったと思うほどです。
レーシックの費用も一見高いと考えがちですが、これからずっとコンタクトレンズや眼鏡を買い替えたり、メンテナンスをする際にかかる費用を考えると、手術で視力を回復させたほうが、長期的に考えると費用がかからなくて済むかもしれません。
何より視力を回復することができたことによって、眼鏡やコンタクトレンズがなくてはならない生活から解放され、とても快適に生活できることに満足しています。